メルマガはこちら




  • メールアドレス入力





  •  

    【メディア出演】

    ◆ビックトゥモロー2014/8月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆OZプラス 2013/5月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビッグトゥモロー2013/4月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビッグトゥモロー2012/9月号

    $人生を変える 朝1分の習慣

    ◆ビジネスチャンス

    123480b0 (1)

    ◆月刊ビジネスデータ

    38d8b725

    インフォメーション


    輝く命の授業 東京ドームプロジェクト!子供達に命の大切さを、そして、夢を!

    子供達に命の尊さを教え、素晴らしい日本の未来を創るために、
    全国から多くの子供達とそのご父兄を集め、東京ドームで輝く命の授業を開催するプロジェクトを発足しました。

                     

    【子供に命の尊さを教える!輝く命の授業】



                
    プロジェクト代表 後藤勇人002ww

    「今の時代に足りなくなってしまった物、
    それは、いったい何でしょう?」







    現代社会では、生まれた時から全て物がすぐに手に入り、
    命のある生き物さえも、デパートで買える時代です


    「ある子供が、デパートで買ってきたカブトムシが死んでしまった時に、
    母親に電池を入れ替えて欲しいと、お願いしたそうです。
    また、ある子供は、カブトムシはデパートに住んでいると本気で思っているそうです。」


    ですが、そのような子供達にはまったく罪はありません。

    なぜなら、そのような環境で育ってきたのですからしょうがないのです。

    その環境とは、私達大人を含めた多くの子供達が忘れつつある、
    命を尊ぶ心を学ぶ事が出来ない環境です。

    世界には生きたくても生きられない子供、食べ物がなくて餓死してしまう子供、など様々な子供がいます。それに比べて日本は非常に裕福な国で、子供が餓死して命を落とすことなどまずありません。それどころか、いじめ、自殺、さらには、親が子供を殺め、子供が親を殺めるなど、想像を絶する事件が多発しております。

    その根本は命の尊さを知らず育ってしまった環境にあるのです。


    今の子供達が夢中になるゲームの世界では、簡単に人が死んでしまいますし、その一度死んだ人間がボタン一つで生き返る事も可能です。そんな時代に生まれてきた子供達に、命の尊さを教える「命の出前授業」を私達は開催し、全国に広める活動をしております。


    その活動とは、長野県出身で、世界のギターナンバーワン企業
    <フジゲン株式会社会長 横内祐一郎>氏が率いるチームが行っている「輝く命の授業」なのです。

    <横内祐一郎プロフィール>

    横内2
    昭和2年 長野県松本市 生まれ
    世界のトップギターブランドフジゲン株式会社会長 
    横内祐一郎氏は、当時、安かろう悪かろうの日本製ギターを持ち、全く英語が出来ない状況で、ニューヨークに乗り込み、
    約1万本の注文を取り付けたというドラマのような伝説を作った人です。

    そのギターは、「グレコ」というブランドが有名で、今や世界のトップミュージシャンの憧れの的です。

    <メイン講師・橋本京子氏 輝く命の授業風景です、その後、教室または体育館に移動します>P2160240城下小学校PB260198






    <それでは、ここで感動の「輝く命の授業」DVDダイジェストをご覧ください。>


    このチームは長野県や山梨県、関東各所の小中学校をまわり、今の時代に足りなくなってしまった命を尊ぶ心を、聴診器を使い子供たちに聞かせ、その心臓の音が、 何世代も何世代も、 「お父さん、おかあさん、おじいさん、おばあさん」と、つながり、途絶えることが無かったからこそ、 今、君達が生きていて、 さらに、何世代もつながった命の音が、 今、君達の胸から聞こえるのだ。 だから、その命は、君達だけの物ではなく、 みんなのものであり、途絶えさせてはいけない。 そして、人の命を奪ってもいけないし、自分で絶ってもいけない、という事を教えていく授業です。

    その「輝く命の授業」の活動は、多くの学校で実施され、教育関係者、父兄など多くの方から大絶賛の声を頂いております。そして、その活動は話題となり、NHKにも取り上げられ、非常に評価を頂いております。つい先日も関東の某中学校で、生徒父兄900名弱を集め、輝く命の授業講演会を開催いたしました。

    <講演終了後3人&熱血!堀内校長>3人堀内忠治






    現代教育の闇の部分「いじめ・自殺」などは、常に学校や教員の責任が問われます。



    ですが、本当のその問題の根源は家庭にあります。
    その問題がたまたま学校で噴出しているのです。


    そして、今のPTAを含めた教育制度の中で、個々の教員がその問題に立ち向かい解決する事は不可能です。では、その問題を家庭で解決する事は出来るのでしょうか?


    実は、それも非常にむずかしい側面を持っています。



    何故ならば、今の親御さん達自身が、本当の意味で「命の尊さ」を語ることが出来ないのです。


    それは、親御さん自身が生まれ育った環境が、すでに物が溢れ、ゲームがあり、欲しいものが親から与えられるような環境の中で育っている方も多いのです。


    人間は、生まれてきた時には、
    真っ白い習字紙の状態で生まれてきます。

    その後、さまざまな環境によっていろいろな色に染められ人格形成されるのです。
    その中で、本当に命の大切さを語れる経験をしている人は、なかなかいないのです。



    その命の尊さを、横内氏率いる講師陣が、戦争などで家族をなくした実体験を交えて、教えていくという授業なのです。本来ならば、日本中すべての学校にお邪魔し、この授業をさせて頂きたいのですが、横内会長他、ご高齢なので全てのご要望にお答え出来ないのが現状です。そこで、この模様を撮影したDVDを学校用教材として制作いたしました。

    内容は、授業用 輝く命の授業DVD25分を、教室で見ていただき、
    その後、命の大切さについて、教師と生徒でディスカッションしていただく内容です。


    参加した子供(生徒)の声の一部をご紹介致します。



    <小学生>
    ◆私はこのごろありがとうと言わなくなっていました。お話を聞いているうちに、こんなにも命が大切なんだなと思うようになってきました。次に木の鼓動のお話を聞いて驚いたことがたくさんありました。私達が生きているのは木があるから生きていけるなんてとっても驚きました。これからは庭に植えてある木や森・林などの木を大切にしたいと思いました。今度このような会があったらいきたいと思いました。

    ◆命の音を聞いて思ったことが二つあります。一つ目は心臓の音です。心臓の音はめったに聞くことはありませんのでいい経験になりました。心臓は「ドッキンドッキン」と一定のリズムでなっていました。二つ目は木の音です。木の音はじっさいに聞くことはできなかったけど、人とはちがってゆっくりだと思いました。命は目に見えないけど心や思いだと思います。まずぼくは、「ありがとう」をおとうさん、おかあさん、おばあちゃん、や弟や妹、そして先生や友達、いろんな人にたくさん言うことを心に決めました。あとは、自分の命をどう使うかということは、むずかしくてぼくには、まだ、答えはでないけど、まずまわりの人に喜んでもらうことで、ぼくができることをしていこうと思います

    ◆私は、「命の音を聴く会」に参加して、いろいろな事を学びました。自然は、命を救ってくれるものなんだな、と思いました。三十秒間の間に42枚もの葉っぱが酸素を作ってくれるので、葉っぱをもっと大切にしなくちゃいけないんだな、と思いました。木や葉っぱは、私達を生きさせてくれるものなんだなとおもいました。

    ◆この前はありがとうございました。人や動物や植物は、命というものがないと生きていけないことを、
    私は知っていましたが、それをもっとくわしく教えていただき本当にありがとうございました。
    命(心臓)というのは、とても小さな物だけど、こんなにおおきなことが出来るなんてとってもすごいな、と思いました。本当に大切なことを、おもしろくたのしく勉強させていただきありがとうございました。

    ◆前日は、ぼくたちのためにいろいろお話をしてくれてありがとうございました。戦争時代にいたきょうこ先生は、つらいのにぼくたちのために涙をながしてまでお話をしてくれたお言葉を、ちゃんとおぼえています。つらいのにお話ありがとうございました。ぼくは、しょうらいじゅういさんになりたいです。きょうこ先生のお話をきいてよけいに思ったけど、生き物をたすけるしごとだからじゅういになりたいです。おいそがしいなかありがとうございました。

    ◆みなさんのおかげでたくさんの事がわかりました。心臓が、別の言い方をすると「命の音」と言うこともはつみみです。私も、心臓のことをまちがえみたいに、命の音といっちゃうときもあるんですが、その言い方でも間違ってないことと、よくわかりました。それに、京子せんせいの戦争のお話は、私も泣いてしまいました。目をつぶると京子せんせいの悲しい気持ちがとても伝わってきました。戦争は、どれほどたいへんで、どれほど苦しいのか、わかったようなきがします。お父さんにも感謝します。
    命について教えてもらって嬉しかったです。本当にありがとうございました。


    ◆先日は、命について教えていただきありがとうございました。ちょうしんきで木の音を聞くと、木が
    生きていることがわかりました。戦争の時の話を聞いたら「命」という物がかけがえのない物だなあと思いました。一日20回以上「ありがとう」と言うことは私もやりました。最近は先生に帰るとき「ありがと」と言うことがいっぱいありました。私は、命をとっても大事にしたいなあと思いました。
    命をそまつにぜったいにしたくないから、殺人などはぜったいにしたくないなあと思いました。命についていっぱい分かりました。本当にありがとうございました。

    <中学生>

    ◆今日は「命の使い方」などのお話を聴きました。お二人の講師の先生方のお話を聞いて、自分はいろんな命をもらって生きているんだなあと思いました。自分につながる多くの命のことを思うと、不思議な気持ちになりました。これからも命を大切にして、前向きに生きていきたいです。

    ◆今日の親子講演会での、橋本さんの話はすばらしい話でした。私はいろいろな命をもらっているんだなあと初めて感じました。横内さんは、ギターを売るためにアメリカへ一人で行き、そこでの必死さに感動しました。とにかく働かなければ何もはじまらないんだなあと思いました。

    ◆今日の集会のお話がすごく心に残りました。橋本京子さんの命のお話、横内祐一郎さんのお話、どちらも感動し、そして、いろいろなことを考えさせられました。そして、命は良いことに使おうと思いました。明日から、いろいろな人に「ありがとう」をたくさん言いたいです。

    ◆講演会で聴いたことを、家に帰ってから家族と話しました。今日聴いたことを、忘れずにいたいとおもいます。人にいやな思いをさせるより、喜んでもらえる生き方をしたいです。


    橋本京子「いのちの授業」講演実績
       
    2006 8月6日 長野県 あがたの森 小・中学生
    9月25日  松本市立島内小学校 3年5組
    9月28日 同 校 3年2組
    同 校 3年3組
    9月29日 同 校 3年1組
    同 校 3年4組
    10月13日  松本市立源池小学校 4年生
    11月6日  安曇野小中学校 小・中学生
    11月20日  波田学園 小・中学生
     12月     さくら国際高等学校 全校生徒
    2007 1月29日  松本市立島立小学校 4年1組
    同 校 4年2組
    2月7日 同 校 2年2組
    同 校 2年3組
    2月8日 同 校 2年1組
    同 校 2年4組
    4月26日 山梨県  下吉田中学校 全校生徒・PTA
    6月8日 長野県  寿白川公民館 小・中学生・PTA
    6月30日  朝日村図書館 地域児童・住民
    7月10日  上田市立城下小学校 6年生・PTA
    10月17日  上田市立神川小学校 6年生
    11月15日  信州大学附属小学校 4年生・PTA
    12月2日 新潟県  佐渡市両津女性の集い
    2008 2月8日 長野県  上田市立東小学校 5年生・PTA
    3月22日  浄運寺 四賀少年剣道部
    5月28日  上田 西部公民館 地域住民
    7月14日  上田市立傍陽小学校 5・6年生
    10月14日 東京都   4年3組
    同 校 4年2組
    同 校 4年1組
        10月14日 東京都は豊島区立目白小学校
    11月6日 長野県  上田市立長門小学校 5・6年生・PTA
    11月18日  信州大学附属小学校 4年生・PTA
    11月26日 山梨県  都留第一中学校 1年生・他校先生
    2009 2月9日 長野県  イクジー子育て応援マガジン 母 親
    3月6日  須坂市立高甫小学校 和組・敬組
    7月12日  ふれあい教室 父兄・子供たち
    11月13日  松本市立鎌田小学校 6年4組・PTA
    2010 1月19日  松本市立芳川小学校 4・5・6年生
    3月2日  松本市立並柳小学校 4年1組
    同 校 4年3組
    3月4日 同 校 4年2組
    3月26日  松商学園 放送部
    4月18日  須坂市生涯学習推進センター 一般
    4月24日  才教学園 5年生
    5月8日  上水内保育所運営協議会 保育士
    5月24日 東京都  八王子青年会議所 高尾山森林パトロール隊
    6月7日 長野県  松本市第一地区健康づくり委員会 地域住民
    7月11日  飯田かさまつ大学 次世代に伝える命と平和の学習
    7月16日  健康美食ネット 家族力・ありがとうから広がる幸せ
    7月24日  元気クラブ 会員
    2010年 10月19日  松本市立信明中学校

    *その他講演
       演題
        1) 会社の寿命・・・3年で倒産する会社、100年200年続く会社の違い
        2) いのちの使い方

    2007 5月3~5日 横内塾
    11月13日 同 上
    11月29日 九州福岡 経営研究会
    2008 4月26日 佐渡青年会議所・・35周年記念講演
    4月27日 新潟倫理法人会
    6月20日 松本中央倫理法人会
    7月20日 博多  ㈱ネクステップ
    7月22日 岡谷ロータリークラブ
    9月15~16日 横内雄一郎合宿セミナー
    11月8日 岩崎セミナー
    11月19日 松本シニア大学(松本市総合社会福祉センター)
    11月28日 松本シニア大学(松本市合同庁舎)
    2009 1月29日 松本倫理法人会
    2月24日 岡谷ロータリークラブ
    3月3日 塩尻倫理法人会
    8月20日 博多  ㈱ネクステップ
    11月9・10日 横内祐一郎合宿セミナー
    12月1日 松本シニア大学(松本市総合社会福祉センター)
    12月3日 松本シニア大学(松本市合同庁舎)
    12月9日 飯綱町シニア大学
    12月16日 長野県倫理法人会・女性委員会
    2010 2月12日 飯田市倫理法人会
    3月9日 伊那・木曽倫理法人会
    4月1日 千曲倫理法人会
    8月30日 岡谷エコーロータリークラブ
    11月23日 横内祐一郎合宿セミナー
    12月3日 松本シニア大学(松本市総合社会福祉センター)
    12月30日 松本市シニア大学(松本市合同庁舎)


    その命の出前授業を全国に広める役割を、私達は「子供に命の尊さを教える!輝く命の授業」として立ち上げ、活動を行っております。

    この授業のメイン講師は、ほほえみの会主催、橋本京子先生です。P2160240

    そして、サポートスタッフとして、聴診器担当の田口健氏・元長野銀行支店長 上条善清氏などのメンバーです。そして、私達がお手伝いをさせて頂いております。尚、遠方の場合や日程が会わない場合は、実際の「輝く命の授業」撮影したDVD教材の販売もしておりますのでお問い合わせ下さい。   


    大切な事なので、もう一度言います。

    人間は、生まれてきた時には、何色にも染まっていない
    真っ白い習字紙の状態で生まれてきます。

    その後、さまざまな家庭や環境によって
    いろいろな色に染められ人格形成されるのです。
    そして、その環境こそが、個人の判断基準を作るのです


    この輝く命の授業は、いじめ・自殺・不登校の撲滅はもちろん、
    自分の人生の方向が定まらない子供達や、自分の生きている価値がわからない大人達などに贈る、最高の生きた教材なのです。
                   

     「輝く命の授業」プロジェクト代表  後藤勇人002ww


    私の夢は、近い将来、全国から子供達、そのご父兄を集め、この命の尊さを教える「輝く命の授業」を東京ドームで開催する事です。





    <輝く命の授業パートナー伝道師> 

    P91701331スーパービジネスマン養成講座代表 吉江勝
    現在、全国約300名の経営者やビジネスマンに営業及びマーケティングノウハウを伝授する会員制コンサルティング会社「スーパービジネスマン養成講座」を主催。
    著書「サラリーマン長者」など多数。
      




    09700966
    水野 浩志  みずの ひろし
    株式会社マイルストーン代表取締役

    現在、成果を出す行動改善セミナーや文章を通じた自己表現セミナー等を定期的に開催するとともに、企業経営者及び独立起業志望者に対してのコーチング、および、情報発信者に対してのコンテンツメイキングのサポート業務も行っている。
    著書:『「やめたいのにヤメられない」がスパッとやめられる10秒日記』


    73c38c81

    やる気の炎がメラメラと…モエル株式会社

     木戸一敏

    著書「売れる営業マンにはたった一つの理由がある」(大和出版)など多数
    雑誌「プレジデント」の巻頭から8ページの特集で全く売れないダメ営業マンを一瞬に全国1位のトップ営業マンに変えた凄腕の営業コンサルタント。



    西田さん

    一人ビジネス大学
    西田光弘

    起業の目的は人それぞれ、十人十色、どれもが正解、良い悪いもありません。だからその成功の定義や、成功までの道のり・行き方・生き方もたくさんあっていいのです。著書 『1人ビジネス完全成功マニュアル』など多数



    和田さん
    ハイパーIT 和田英克

    中小企業向け「売れるIT活用」のきっかけハイパーITの和田です。中小企業向けITサポートを行っております。2003年9月に創業後40社以上のお客様を支援して来ました。


    輝く命の授業DVD


    order


    命の授業 講演


    order





    トップ後藤勇人とは教材販売特商法の表記会社概要お問い合わせ